学校は保護者からのクレームが発生することが多々あります。教員は生徒に授業を教えることだけではなく、クレーム対応もしっかりおこなうことも大切な業務のひとつになります。保護者のクレーム対応をするときにはコツを押さえておくことが大切です。まずクレームが発生したら、保護者が訴える話をきちんと聞くことが大切なことになり、メモなどをとるようにしましょう。そして不快な思いをさせてしまったことに対して謝罪をおこなうことも大切です。

しかしこの地点で下手に全て謝罪してしまうと後になってトラブルになることもあるので注意する必要があります。次に事実確認をおこなっていきます。冷静に状況を把握したあとは何時までに回答するなどの対応案を提示します。その後には改めてお詫びをするようすると、保護者からの理解を得ることができます。