教育現場でも日々クレームがたくさん寄せられます。担当教育の誹謗中傷や担当替えを要求したり、理不尽な過剰な謝罪を求めるといったこともあるのです。教師のストレスも甚だしく、こうした学校でのカスハラが社会問題になってるんです。クレーム処理対応として適切なのは、傾聴、謝罪、共感などといった対処です。できるだけ早急に対処することが大事とされてるのです。

しかしながら、人格否定や差別的な発言の暴言などが見られたら、ひとりで抱え込まず同僚や上席に相談し、情報共有で対処しなければなりません。メンタルに不調が見られたら産業医やカウンセラーに相談しメンタルケアをすることも大事なんです。クレーム処理は一人で抱え込んではいけません。