高校にクレームが入ることがあるようです。例えば「この先生の授業が分かりにくい」、「先生の指導が悪いから」など親の責任を高校に求めているようなクレームも増えているといいます。普段は家庭の問題であり、高校に文句を言うのも筋違いのような気もしますが、そういったクレームは年々増えているそうです。

このような案件は、先生も上の人と相談をして、どのように生徒と向き合っていえばよいかを相談していくと良いでしょう。生徒と話し合いの場も設けることにより、よりよい関係を築けていくのも目標とできることかもしれません。是非ピンチをチャンスに変えて、生徒との関係をより築けるように工夫をして、クレームというつらい現実を乗り越えて行ってください。